2010年08月06日

隠者、夏の想ひ出。。

隠者の夏休みの想い出のひとつに、高校時代に良く通っていた『猿川』という小さな渓谷があります。

渓谷というと、何だか山の中に出掛けるような雰囲気ですが、元々有田の町自体が山に囲まれた土地にあるため、この『猿川』も有田の町の通りからほんの少し入ったところにあり、春は桜、夏は水遊び、秋は紅葉と、昔から有田の町民の憩いの場所として、とても親しまれて来た場所です。

そして、この『猿川』の上流には、川の水を引いて作られた50mプールがあり、隠者が高校当時(1977年〜1979年頃)の夏休みには、受験勉強をそっちのけで親友と毎日のようにこのプールに通っていました♪

猿川プール このプール、川の水が直接引かれている事もあって、水温は身を切るほど冷たく、そして、実は見た目以上に深いプールで、浅いところでも身長170cmの隠者では足がつかないほどの深さがあり、そんなプールで『鬼ごっこ』なんてしていた訳ですから、泳ぎが達者にならない訳がありません。
当時は、このプールに鍛えられたおかげで、夏バテもせず体力もついたのだろうと思います♪(学力はつきませんでしたが・・苦笑)

そんな夏の想い出がたくさんつまったプールですが、このプールも今はもう使われておらず、今は山の中の薮の中にひっそりとたたずんでいます。。でも、その代わりに現在は川の下流に小さなプールが作られていて、今でも、小さい子供達や若者達の水遊びの場所として楽しまれています♪

猿川渓谷 in 2010 夏
この夏、久しぶりにこの『猿川』の地を訪れて、地元高校生達の遊ぶ姿を目にすると、当時の自分たちを見ているようでした。。。

高校時代は、ただただ友達と遊ぶ事に夢中で、この土地の歴史など何の興味も無く通ったこの『猿川』でしたが、こうして年を重ね改めてこの地を訪れると、当時とはまた違った感覚で、この土地が有田の町とどのような関わりを持って歴史を作って来たのか、そんな事にも思いを馳せるようになって来ました。。

有田の陶磁器製造の創成期には、この地に窯場が作られ、この『猿川窯』オランダ東インド会社『VOC』の製品が数多く作られていたということ。。
- 関連記事 - 海を渡った古伊万里「濁し手が見事な逸品」

そしてこの川の上流や、その他の有田のおもだった渓流には、何基もの『唐臼』があり、夜を通して『唐臼』の臼を叩く音が渓谷にこだましていた・・なんて歴史資料を目にすると、真夜中に渓谷にこだまする『唐臼』の音とは、いったいどんな音色を奏でていたのだろう。。と、今では聞く事の出来ない古の音に思いを馳せるのでした。。
- 関連記事 - おんなの有田皿山さんぽ史「窯焼だけがもてた唐臼のはなし」


この記事の続きは『有田と名水の意外な関係。。』の記事で触れています。。




posted by いんじゃ at 10:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 隠者の独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
有田に来たばかりの英語教師です。
一昨日は、散歩する間、隠者さんのアンテナショップを見ました。(午後8時から閉店でした)
いろいろきれいなところも見ました。
でも、猿川渓谷は知りませんでした。
行ってみます!
Posted by モロー at 2010年08月09日 13:57
モローさん、はじめまして♪
(陶器市にお見えになった方とは違いますよね?)
コメントありがとう御座います。

そう言えば、有田の商店は7日から夜間営業をしていたのですね。
折角お見え頂いたのに、うちのアンテナショップは夜間営業していなくて申し訳御座いませんでした。
私はその時間「花火大会」の撮影に出掛けていました(汗)

「猿川」は有田中学校から山を挟んで東側の渓谷にあります。
ちょっと水遊び程度なら気軽に遊べますが、更衣室は無いのでご注意を。
トレッキングされるようでしたら、猿川から上流に登ると「大谷(ウータン)」に抜け、そこから中樽の作家村の方へ抜けられます。
涼しくなったらトレッキングするのも良いかも知れません。
あと、中樽の辺りには名水の井戸もあったりしますので、良かったら訪ねてみて下さい。
Posted by いんじゃ at 2010年08月09日 14:35
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。