2004年01月31日

激しょっぱい温泉

くらしきの湯露天風呂 場所は岡山県倉敷市、新倉敷駅のすぐ近くにある『くらしきの湯』でしす。
この温泉の特徴は、なんと言ってもお湯の半端じゃない塩辛さ!まるで海水なみです。
ですので、目や傷口などにはピリピリと良くしみます、でも早く直りそうな気もします。


塩の結晶 で、更にビックリするのは、露天風呂の岩に付いた塩の結晶です(写真参照)
硫黄などの成分で茶褐色にこびり付いた温泉は良く見かけますが、ここの様に真っ白にこびり付いた塩の結晶は初めて見ました。
一見すると白い岩に見間違う位ですが、白いのはお湯の掛かる部分だけですので結晶で間違いないでしょう。
湯上りは、海水浴の後のようなツッパリ感は多少ありますが、肌の感じは良い感じです、考えてみると、海水浴も海のミネラルをたっぷり肌に染み込ませるわけだから、意外と温泉の湯上り肌に近いのかも?などと思ったりもします。
とにかくここは特徴のある温泉なのでとても好きな温泉の1つです。




posted by いんじゃ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 温泉な日々・・ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。